コーヒー生豆生産地風景〜コスタリカのスペシャルティコーヒー

COSTA RICA

10商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
10商品 1-10表示
  • <
  • 1
  • >
10商品 1-10表示
  • < Prev
  • Next >

コスタリカのコーヒー生豆について

概要
コーヒー生豆生産地風景〜コスタリカ
  • 標高:600〜2,000m
  • 言語:スペイン語、英語
  • 年間生産量:1100万〜1300万袋
  • 平均農地面積:5〜50ヘクタール
  • 精製方法: Washed, Natural, Honey
  • 栽培地域: Central Valley, West Valley, Guanacaste, Tres Ríos, Turrialba, Orosi, Brunca, Tarrazú
  • 栽培品種:Caturra, Catuai, Bourbon, Villa Sarchi, Villa Lobos, SL-28, Gesha
  • 収穫期:12〜4月
  • コーヒーに関わる人口:およそ47,137家族(2017年)
  • 入港時期:5〜7月
歴史
コーヒーは1700年代後半にコスタリカに植えられ、コーヒーは人々にとって重要な換金作物でした。 1846年にプンタレナスへの幹線道路が完成したことにより、国の生産量は大幅に増加し、農家は農場から市場へ、牛車でより簡単にコーヒーを持ち込むことができました。1920年代まで、ほとんどの小規模農家が牛車を使用していました。
1993年、コスタリカのコーヒー市場の農業および商業開発を支援するためのNGOとして、全国コーヒー協会であるIcafe(InstitutodelCafédeCostaRica)が設立されました。これは、コスタリカのすべてのコーヒーに対する1.5%の輸出税によってまかなわれており、アラビカ種の遺伝学と生物学、植物の病理学、土壌と水の分析、および全国のコーヒー産業の監視に関する科学的研究に使用される、組織の700万ドルの予算に貢献しています。特に、Icafeは、コスタリカのコーヒーの契約条件により、農家がFOB価格の80%を受け取ることを保証するために存在します。
コスタリカは世界のコーヒー生産量の1%未満しか満たしていませんが、それでも、比較的良い品質を生産することで高い評価を得ています。
コスタリカがコーヒー生産国の間で差別化を図ることを望んでいた1つの方法は、国が比較的小さいにもかかわらず、その成長地域のプロファイルの多様性によるものです。タラスはこの地域で最も有名かもしれません。標高が高いため、コーヒーにはさわやかな酸味があります。ウェストバレーはCOEの受賞者の割合が高く、コスタリカ特有の品種であるVilla SarchiとVilla Lobosの両方に加えて、SL品種などのより「実験的な」品種のいくつかが豊富に育っています。トレスリオスコーヒーは、滑らかでマイルドなプロファイルを持っています。おそらく、より複雑でダイナミックなコスタスよりも、タフィーの甘さと柔らかい柑橘類を備えた「飲みやすい」コーヒーでしょう。セントラルバレーには、国内で最も明確な気象パターンがいくつかあり、雨季と乾季が明確に定義されています。この地域で最高のNaturalコーヒーをいくつか見つけました。
MICROMILLS
コスタリカのコーヒー生産者が差別化を図るために役立ったもう1つの方法は、個々の生産者または小規模農家のグループが保有するマイクロミル、そして民間のパルプ除去機や脱穀機の急増です。それらの設備に投資することで、生産者は他社に頼ることなく、さまざまな方法でコーヒーを収穫、精製、処理できます。これにより、運用コストを削減し、コーヒーの提示価格を上げることができるのです。
CAFE IMPORTS + COSTA RICA
2006/2007年の収穫の終わりにCafé Importsがコスタリカのマイクロロットの最初のコンテナを購入して以来、その他のオリジンの購入関係のモデルになりました。生産者がスタンダードなロットとトップロットに差別化を図ること、適切な価格でロットを販売すること。そして、彼らの仕事と質に対する個人の認識を獲得し、私たちが調達するコミュニティの間で波及効果をもたらし、その反応は途方もないものでした。毎年、より多くの生産者が、販売価格の向上を目指し、農場レベルで行う収穫、選別、および処理の改善に関心を示しています。
私たちは、コスタリカのマイクロプロデューサーや協同組合との密な関係性を築いており、毎年さらなる新しい生産者と出会い、より多くの繋がりを築いています。それらは全て、刺激的かつ革新的なおいしいコーヒーのためです。
※コスタリカの生豆についての詳しい情報はCafe Importsのホームページでもご確認いただけます。